1. HOME
  2. ブログ
  3. 部屋の天井高さについて・・・

部屋の天井高さについて・・・

こんにちは!ハウスアップの清水です。(´▽`)

今日は部屋の天井の高さについてのお話です。

天井の高さには、建築基準法で決まりがありまして、

「居室の天井の高さは2.1m以上でなければならない」

と書かれてあります。

では、居室の一部が2.1m未満でもOKなのか???

よくある例は、

・2階の寝室で屋根の形に合せて部屋の一部が低くなっている

や、

・ロフトをつくったとき、その下の部屋の天井高さが低くなっている

などなど ありますよね。

正解は「平均天井高さでOK」です。

根拠は建築基準法施行令第21条2項に書かれてあります。

「1室で天井の高さの異なる部分がある場合においては
 その平均の高さによるものとする」

ただし!

京都市ではロフトの下は2.1m以上の天井高さが

ないといけないなどの規制があったりもするので、

気を付けないといけないですね。

おしゃれな新築一戸建てなら京都伏見区にある

一級建築・設計デザイン事務所「ハウスアップ」にお任せください!

関連記事

Contact
お問い合わせはこちらから