1. HOME
  2. ブログ
  3. 京都伏見区ハウスアップの収納編

京都伏見区ハウスアップの収納編

こんばんは!!ハウスアップの清水です。(´▽`)

今日の京都も暑かったですね---

あと1週間もすればもう、お盆ですよ。

お盆が明けたら一気に秋口の気候になりそうですが

今年はこれからまだまだ暑さが厳しくなるらしいです。。

さて、収納についての話ですが、

収納を計画するときは、

何を入れるかで収納の大きさを決めていきましょう!

クローゼットや押入の奥行を何mmで設計するのか・・・・

基本の寸法では900mmや450mmになり、

材料のロスが少なく良いのですが、

収納の奥行方向をコンパクトにすると

その分、部屋のスペースを広げることが可能になります。

例えばクローゼットの奥行。

一般的な中の仕様は「枕棚+ハンガーパイプ」になります。

すると奥行はハンガーの幅、衣装ケースの奥行で

決めていくとよいでしょう。

有効で600~650mmあれば十分足りるとおもいます。

和室の押入も何を入れるか。

布団や座布団や雛人形・・・

本当に900mmが必要かを検討します。

同じくにシューズクロークやパントリーの収納、

棚等も同じく、入れる物を予想しながら決めることが重要ですね!

おしゃれな新築一戸建てなら京都伏見区にある

一級建築・設計デザイン事務所「ハウスアップ」にお任せください!

関連記事

Contact
お問い合わせはこちらから