1. HOME
  2. ブログ
  3. いろいろ断熱材を使い分けちゃう 京都市伏見

いろいろ断熱材を使い分けちゃう 京都市伏見

皆様こんにちは!
現場担当の加藤です。

今はほとんどの場合、新築や改装時に外壁や屋根裏に断熱材を入れますね。
昔の建売住宅とかはグラスウールがまだ高価だったので外壁でもな~んにも入れなかったんですよ。
(田舎立ちのおうちとかは洋室でも壁の中は土壁になってます。)
古~い市場の冷凍室を解体したことが有りますが、
分厚い壁の中には断熱材にオガクズがいーっぱい詰まってました。
今は断熱材といえばウレタンフォームやグラスウールとかセルローズファイバー、
その他いっぱい種類がありますね。
その中でも近所に鉄道とか国道、工場とかが有って騒音が多いおうちには、
セルロースがおすすめだと思います、

↑の様な場所は裏を電車が通過する度にかなりの騒音です。

そこで電車の通る騒音方向面の一方向だけセルロース施工にしました。

↑このサッシは後に二重サッシにしました。

残りの3方向はグラスウールにすることでコストを抑えることができました(*^_^*)

こんな使い分けもいいかもしれませんね。
ちなみにこのおうちは屋根はアクアフォームで3種類の断熱材を使い分けてます。


通気層を取ってから~(^◇^)


アクアフォーム!

おしゃれな新築一戸建てなら、
京都伏見にある一級建築・設計デザイン事務所ハウスアップにお任せください。

関連記事

Contact
お問い合わせはこちらから