1. HOME
  2. ブログ
  3. 分譲地を購入する際の注意点

分譲地を購入する際の注意点

土地から買って家づくりをする場合、多くの方が新しく造成された分譲地を検討されるのではないでしょうか。

立地や土地の形などが良く、
そこに住むイメージが湧きやすかったり、
自分と同じように新しく移り住んでくる人たちばかりが集まるので、
それほどご近所に気を使わなくていいことが要因だと思われます。

また、隣との境界が明確になっていることや、
水道や排水のライフラインが整っていることも、分譲地のメリットでしょう。

しかしそんな分譲地も
購入する際に注意すべきポイントがあるので、
お伝えしていきたいと思います。

こんにちは。
京都府京都市伏見区で注文住宅を建てているハウスアップの廣瀬のブログです。

まず分譲地は、
・南道路に面している日当たりが良さそうな土地
・南以外の道路に面している日当たりが悪そうな土地
の2つに分かれます。
今回は、この2つで注意していただくポイントをご紹介します。

・南道路の注意点
<その1>即決しないと誰かに購入されてしまう。
やっぱり日当たりの良い土地ってみんなが狙っているんです。
もし、あなたが一瞬でも迷うようであれば、
他の誰かに購入されてしまうかもしれないという危機感を持っておくことが必要です。

<その2>家に予算が回せなくなる。
需要が高くて、立地条件まで良い土地であれば、
資産価値も高くなることから、余計に価格設定が高くなります。

このような土地は狙っていく場合、
自己資金が準備できない限りは、
家に予算が回せなくなったり、オーバーローンになり、
建てた後の生活に支障が出てくることになってしまいます。

<その3>丸見えで居心地の悪い家になりやすい。
南道路であれば、日当たりがとっても良さそうに感じます。
しかし日当たりを遮るものがないということは、
近所から丸見えということでもあります。
そうなると、プライバシー性が低く、
なんだか居心地の悪い家になってしまいます。

また、多くの家が窓の形を見れば
どこにどんな部屋があるのかがわかってしまうし、
ベランダを南に設けることから、洗濯物が丸見えになり防犯性が低くなってしまいます。

ですから、お家づくりをするときは間取りだけでなく窓の作り方にも、
工夫が必要になってきます。

・南以外の道路の注意点
<その1>日当たりが悪くなる。
これは想像がつくかとは思いますが、
南以外の道路の土地を購入する場合の注意点はここですね。

とはいっても、南北に細長い土地であれば、
南に建つ家との間に距離が取れて
明るさとプライバシーが同時に確保しやすいというケースもあるんです。
こういう土地であれば、隠れた良い土地だったりするわけですが、
それ以外の土地は、普通の家を建ててしまうと
薄暗くて寒くてジメジメした家になってしまいます。

南道路に比べて、同じ立地条件の土地を、
比較的安く購入できたり、多少値段交渉ができたりというメリットはあるものの、
南道路の時と同じように、間取りや窓の作り方に工夫しなければ、
最も過ごしにくい家になってしまうので注意していただければと思います。

ハウスアップでは、南道路に面した分譲地に建てたモデルハウスを公開中です!
9区画ある分譲地は現在6区画が販売中となっています。

南道路に面しながらも、人目を気にせずに快適に過ごせるお家となっています。
ぜひ、ご興味のある方はお問合せおまちしております。

また、毎週さまざまなイベントも行っております。
詳しくはこちら→https://houseup-inari.jp/event/

京都でおしゃれでかわいいお家を建てるならハウスアップにお任せください。

関連記事

Contact
お問い合わせはこちらから